夏の水炊きは、体にもやさしい

水炊きは夏バテ予防のスタミナ鍋

博多の郷土料理、水炊き。鍋ということもあり、冬のイメージが強い水炊きですが、夏にこそ食べたいスタミナ鍋でもあります。

夏は暑さから、つい冷たいものばかりを食べてしまったり、食事を簡単にすませてしまうことも多くありませんか?冷たい食べ物は胃腸の働きを弱め、おまけに簡単な食事では栄養バランスまで崩れやすくなってしまいます。結果として、「むくみ」や「疲れ」となり、夏バテ状態に…。

 

夏にこそ食べたい、水炊き

博多の水炊きは、鶏ガラスープで炊いた鶏肉を、たっぷりの野菜とともにポン酢で食べます。じつはこれ、夏の体調を整えるのに最適なバランスなんです。

熱々のコラーゲンたっぷりのスープで体をあたため、鶏肉で体力をつけ、橙の酸味がきいたポン酢で水炊きをさっぱりと食べれば、暑い夏でも元気に過ごせそう。おまけに鍋はたくさんの野菜を一度に摂れるので、栄養バランスまで良くなりそうですね。

 

水炊きをもっと手軽に楽しむには

博多の濃厚な鶏ガラスープを自宅で再現するのは大変、という方には、お取り寄せで博多華味鳥の水炊きセットも。

《通信販売》博多華味鳥の水炊きお取り寄せ

贈り物にも、博多華味鳥の水炊きセット

美と健康にも、華味鳥の水炊き

●コラーゲン
肌のハリを保つのに役立つとされるコラーゲン。華味鳥水炊き1人前には約3,300mgのコラーゲンが含まれており、1日に必要とされるコラーゲン量、約3分の2を補うことができます。(財団法人 日本冷凍食品検査協会調べ)
また、橙果汁から作られる「博多ポン酢」と一緒にお召しあがりいただくことにより、コラーゲンの生成を助けるビタミンCを同時に摂取できるので、より高い美肌効果を期待できます。

●イミダペプチド
抗疲労に関する研究をしている大阪市立大学の研究チームの実験の結果、鶏胸肉に多く含まれる「イミダペプチド」という成分には抗疲労効果があることが発表されました。

●野菜がたっぷり
華味鳥の水炊きには、キャベツ、白ネギ、人参、えのきなど、繊維の多い野菜が多く入っており、1人前で約150gを摂取できます。(1日に必要な野菜の目安、約350g)

ページのトップへ