九州産鶏肉を使用したレシピ案

いつものメニューをちょっとアレンジ

少しの手間でいつもの鶏肉レシピが新しいメニューに早変わり。ここではちょっとしたヒントをご紹介します。

もも肉の香草レモン焼き

もも肉に、スライスしたニンニクやローズマリー、レモン汁やオリーブオイル、塩などで揉み込み冷蔵庫で寝かせたあと、フライパンで焼いて出来上がり。簡単香ばしい香りがたまりません。

むね肉のとり天

むね肉を食べやすい大きさにカットし、塩、砂糖、生姜、酒などお好みの下味に漬け込んだあと、天ぷら粉をつけて油で揚げてください。かぼすや、ぽん酢を付けて食べても美味しいです。

ささみチーズカツ

ささみをカツにして揚げ、揚げたてのうちにとろけるチーズをのせればとろ〜りとチーズが溶けて美味しいです。トマトソースをかけるとさらに豪華に!

手羽元まるごと入ったカレー

いつものカレーをちょっと豪華にするなら、手羽元を丸ごと使って。じっくり煮込むことで骨から肉もはずれやすく食べやすいカレーに。

手羽先唐揚げ

手羽先は皮の部分が多く、コラーゲンもたっぷり。唐揚げにすると皮のパリッとした食感がたまりません。おかず、おつまみにも。

ページのトップへ